生活の中に電気

設備に応じた電線の形状があります

現代社会のエネルギーの基盤は電気です。エネルギー源としては太陽光や地熱、火力等の様々な手法がありますが全ては発電のための手段です。電気は日常生活から企業等の多様な社会活動まで不可欠なエネルギーとして利用されています。しかし、電気は慎重な扱いを必要とします。軽々しい扱い方をすれば事故の原因となるため電気工事には十分な知識と経験が必要となります。 家屋を建築するためには電気工事は欠かせませんが、電気は発電所から家屋まで電線で伝送されなければ使えません。しかし、電線とは電気を伝送するための電導物質です。身近な電気機器に使用されているコードも電線ですが、発電所から鉄塔を繋ぐ送電線として利用されている裸電線、屋内配線に利用される絶縁電線等、用途に応じて形状は様々です。

電気工事は社会の基盤です

世の中には様々な職業があります。その職業に就くためには特定の資格が必要な事も珍しくありませんが、電気工事もその一つです。電気工事を行うためには電気工事士の資格が必要です。電気工事士には第一種と第二種がありますが、電気工事士法の規定により資格がなければ一般家屋の電気工事等もできないことになっているのです。 また、家屋における新規工事や修理・改良等だけではなく社会基盤として重要ですから各種設備の保守や点検が欠かせないため、仕事に困らない資格として人気があります。第二種は第一種に比べて従事できる業務に制限があるので開業等はできないため、電気関連業務の従業員の取得が多いですが、実地経験を積むことで独立することもできます。